HOME>イチオシ情報>費用だけじゃなく選び方も理解しておく事が必要

どのような選択肢があるか

教師

多くの人にとって、憧れの仕事の1つがゲームクリエイターになります。ゲームクリエイターの仕事の魅力は、自分がゲームを企画しあるいは制作することで自分の作品が世の中に出ることでしょう。やはり、自分が考えた作品や自分が関わった作品が世の中に出て多くの人を楽しませるとすれば1つのやりがいに感じるはずです。この場合、どのように選んだら良いかと言えば多くの場合専門学校と高等学校そして大学の選択肢があります。中学校3年生の段階でゲームに関する仕事をしたいと考えるならばゲームに関するプログラミングを学ぶことができる高等学校を選ぶと良いです。また、高校生の段階でゲームクリエイターを目指すならば専門学校や大学に進む道もありそこで資格の取得が可能になります。

高等学校でかかる費用

ゲームクリエイターになるためには、高等学校の段階で資格を取得しておくことも必要になります。大抵の場合、高校3年生が卒業してから近くを取得することになります。ただ、ゲームクリエイターの資格があるわけではなくプログラマーの資格などを取得していくことが大事です。この場合にかかる費用は、高校に入学し3年間通う費用ですが、主に私立高校ならば3年間で150万円以上はかかります。学校によっては、もう少し高くなることもあるかもしれません。

専門学校や大学に通いたい

将来的にゲームクリエイターを目指し資格を取得するために専門学校に行く場合には、どれぐらいの費用がかかるかを理解しておく必要があります。専門学校の場合、1年間でおよそ80万円位はかかると考えてよいでしょう。近く取得自体は1万円程度しかかかりませんのでそれよりも専門学校に通う学生の方が大きくなります。一方で、大学の場合には年間120万円を超えることも決して珍しくありません。それぞれ学べる内容が異なりますので、よく比較をしながら自分の進路を選ぶようにしましょう。

広告募集中