HOME>特集>学校に通うことはいいことが沢山ありだからこそ学校を利用して「クリエイター」になることをおすすめします

就職に有利になります

2020年に第5世代移動通信システムの商用化が見込まれていて、それに合わせて、各映像制作会社は映像クリエイターを雇用したいと考えているのが現状です。しかし雇用するのは、誰でもいい訳ではなく、自社に長期間に渡って利益を出してくれるような人を雇いたいのが本音です。確かな映像制作スキルを習得できる映像専門学校を卒業していれば、雇用する側としては安心して、採用できるようになります。

着実にスキルアップできます

専門学校では、課題や試験などを行い、学生が映像制作スキルをきちんと身に付いているのかチェックします。独学の場合は、映像制作会社が必要としているスキルを身に付けられないことがありますが、専門学校で学べばそんなことはありません。

高額な機器などが学校にあります

専門学校には、クオリティーの高い映像を製作することを可能とする高額な機器やソフトがあり、学生はこれらを利用できます。始めからレベルの高い映像を製作できることは、以後映像クリエイターとしての活動するときに、いい影響を与えてくれることでしょう。

人脈ができます

専門学校の講師などでは、映像制作会社の幹部や人事と顔みしりのことがあり、何か困ったときに相談にのってくれることがあります。また学校で学んだ仲間も卒業後業界で活躍し、仕事を振ってくれたり業界最先端のことを教えてくれたり、などのことが期待できます。

広告募集中